書くべきか、書かざるべきか

書くべきか、書かざるべきか、

 

図面の事なんですが、、、最近よく迷います。

 

設計と現場監督を一人でやる場合、
図面に書くより現場で直接職人さんに伝えた方が早い場合や
図面で書くより良い場合があるからです。

 

つい最近もタイル貼り職人の吉福さんと

私   「この床タイルは目地3mm~4mmでお願いしますねー」

吉福さん「えー、このタイルやったら2mmぐらいの方がキレイでぇ」

私   「えっへー!2mmでいけるんですねー!じゃーそれで」





ほんで

私   「この壁の方は目地10mmでね!」

吉福さん「えー、そこも8mmがえんちゃうかなぁ」

私   「ここはですねーカクカクシカジカやから10mmがええんですよー
ついでに言うと目地の仕上がりはタイルとメンイチでザラつかせてほしいんです、
こんな感じで(←スマホで写真を見てもらう)」

吉福さん「ホーそうか。よっしゃよっしゃ」

 







 

って感じで細かい施工内容が決まっていきました。

 

まぁ目地についても仕上げりについても図面にかけるんですが、
圧倒的に現場でのやり取りの方がいい感じなんです。

 

 

問題は私がヒジョーに図面好きで、、、
一日中パソコンに向かってペチペチと図面を書いていたいタイプという事ですね。
書くべきか、書かざるべきか、
というよりは書きたい欲求をぐっとこらえるといった感じです。

 

また最近はちょっと悪い面も出てきてて、
細かい部分を概ね現場で話し合いながらきめていくもんで
大工さんに「ココの寸法はいくらにします?」
って聞かれるんですが、、
「それ図面書いてますんで、図面みてちょ」
という感じの
図面見てくれない問題がではじめています、、、

 

まぁそんなやり取りも嫌いではないんですけど。