お引渡し

いろいろな想いはあるんですが
なるべくサラリとしたお引渡を目指しています。

 

勤め時代はみんなでどんなお引渡しセレモニーにするかを考えて
映像あり、音楽あり、サプライズありでやっていて
それはそれでとても良かったんですけどね、、、

 

今は残金を頂戴して鍵をお渡しするっていうだけ。
寂しい感じもしますが
やっぱ過程を大事にするっていうのがコンセプトなんで
完成するまでの毎日で
お客様に喜んでいただくっていうのが理想なんです。

 

まぁ~、なんていうか、、、
終わりよければすべてよしっ!
っていうのとは反対の考えです。

 

最後に無理やり帳尻を合わせるより
きちっとした現場作業や報告を最後までまっとうすることで

 

残工事が多少あったり
ちょっとお引き渡しが遅れたり
たまには間違いがあったり
(結構あるぞ!って声も聞こえてきそうですが)

 

終わりがさほど完璧ではなくても
まぁ~よしっとするか、、、

っていう方がいいんじゃないかと思うんです。

 

とっ、誠に勝手は言い分(言い訳)を先に書き書き、

 

 

何とか2件、みーさんの家とてるさんちのお引き渡しが
完了いたしました。

 

冒頭にも書きましたが
いろいろな想いはあるんです、、、

 

掃除であったり、ちょっとした補修工事であったり、
小物付けであったり、
一番最後の作業は間違いなく職人さんではなく私が行うんですが
誰もいないシ~んとした静寂な現場で
その作業をそっと終える瞬間、

なんとも言えない想いはあるんです、、、

 

 

それでもサラリとお引渡し。

 

 

みーさんご家族、てるさんご家族
竣工、おめでとうございます。
こころより。

 

 

残工事は来年きちっとやりますんで、、、