下地ボード貼り

オリンピックも終わり、あっという間に2月も終わりですね。

テレビをつけると、とりあえずオリンピック関連をやっていないか

すべてのチャンネルをチェックするという、

完全にオリンピックロスの42歳です。

 

ところでカーリングのコンシードっていう行為というか考え方って

いいなぁと思いませんか!?

ギブアップみたいにあきらめる感じではなくて、

相手のすごさ(勝利)を認めるっていう感じ。

あきらめないっていう事の大事さは結構教えられてきたのですが

コンシードっていう別の考え方にもとても共感しました。

 

 

さてさて、おっしーさんの家もあっという間に仕上げ前の段階です!

壁と天井の下地ボードが概ね完了です。



この段階、派手さはありませんが

ボードを留めているビスの間隔なども細かく決まっていたり

とても大事な工程なんです。



 

 

明日から床フローリング、

それで来週の中頃からアイアンの階段やアイアンとレトロなガラスの屋内窓、

オリジナルでデザインした造り付けテレビ台などが施工予定で

一気に現場が盛り上がってきます!

 

瑞ケ丘の家と同じく建売用PLANをベースにしていただいていますが

おっしーさんの想いがプラスされて

おっしーさんの家らしくなる

 

いよいよそれが感じられるタイミングです!