マサムネ工房さんの家

もうすっかり慣れた高松・徳島自動車道をはしって愛媛県へ。
「マサムネ工房さん」の家づくりが始まりました。

 

基礎工事は「毎日」現場が動くわけではありません。
工程間が何日も空くことがあります。
——電卓をはじいた結果
ずっと泊まり込むより通った方が経済的。
格安ホテルを利用しながら片道3時間かけての現場監理です。

 

(本格的な愛媛生活は棟上げ前からスタートさせる予定で、
先日大工さんの部屋と合わせて賃貸借契約を済ませ
準備は万全です。)

 

「マサムネ工房さんの家」
~基礎工事~
土を掘って、鉄筋を組んで、コンクリートを流し込んで——
いつもと変わらない工程です。

ただここは愛媛県、職人さんがいつもと違います。
職人さん側からしてもいつもと違う設計士&工事監督。

 



 

 

工事前、職人さんと会うまでは図面を見ながら電話でやり取り。
ふだん完璧と思っている図面も初めての職人さんからは質問攻めに…
図面の限界を感じますね。

お互いもろもろの不安を抱えながらの
工事スタートだったと思います。

 





 

まぁそこは設計士兼工事監督という一人体制の強みを生かして
工事を進めながら図面で伝えにくい部分も徐々に現場で解決。
まだ分からない愛媛ことばが若干あるものの、
今ではチェック時間よりも長く雑談するぐらいコミュニケーションもとれて
工事は順調にすすんでおります。

 





 

 

っで、
ブログはさぼり気味ですが、
もろもろの検査、確認はさぼらず行って
基礎工事も概ねヤマ場を越えました。

 

「マサムネ工房さんの家」は
今月末上棟です!