準備は万全。

準備は万端、整いました!
——明日、足場を組んで

 

明後日、
「マサムネ工房さんの家」、上棟です!
私にはめずらしく、天気予報もまずますです。

 

ではでは今日までの準備をざっとご紹介いたします。

 

基礎工事が完了した後は



 

土台敷きという工事。

大工さんが来るまでに材料を搬入します。
今回はいつもと違うプレカット業者さん(三王ハウジングさん)。
——とは言ってもお付き合いはとても長いですけど。20年近いお付き合いです。



手際よくサクッと搬入完了。

この水色の材料は床に使う断熱材です。



いつもはプレカットされているのですが、今回はカットせず
畳の大きさのまま搬入してもらいました。

 

ここで満を持して大工さんが登場。
てるさんちに引き続き小西大工さんです。



まずは基礎の上面に黒い墨で基準線を引いて



 

基礎からとびだした鉄筋(アンカーボルト)を貫通させる穴を
土台にあけていきます。







 

次に基礎と土台の間に入る黒いパッキン材を敷きならべ。
(このパッキン材、地味に3種類使いわけられています)



 

っでようやく土台を置いていきます。

 





 

日が沈むころ、何とか土台敷きを終えました



 

結構長くなったんで、、、
続きは次回で。

 

そうそう大工さんが土台を敷いている間、
私はというと
せっせと、大きなスポンジとバケツを手に
基礎にたまった水を抜いておりました。


水抜きっていうもんを仕込んでおけばいらない作業なんですが、
いろいろ考えて入れない事にしております。